最適な入れ歯は全身を健康にします

話しずらい、食べにくい、痛い・・・
これらの問題を抱えたまま我慢していると口腔環境の悪化に繋がります。
つくった入れ歯が使用できなくなるだけでなく、健康面を考えても良いことは何もありません。
無理して使用するようなことはせず、お気軽にご相談ください。

合っていない義歯を付けることで起こる6つの悩み
「痛い入れ歯」でガマンしていませんか?

入れ歯義歯は痛いもの、我慢するものと考えている方が多いようですが、実際はそんなことはありません。痛いのは、「ピッタリ合っていない」「隙間がある」「噛み合わせがおかしい」など何かしら原因があります。 原因を究明し、入れ歯を調整または新製することで痛みの問題が解消され、快適な健康生活を送れるようになります。

「義歯がはずれやすい」と入れ歯安定剤を使っていませんか?

せっかく自分の口の中の型をとって作った義歯なのに、どうしてこんなに簡単にはずれてしまうのだろう? すぐ浮いてしまうのはなぜだろう?
と思っている方がいらっしゃいます。
それは型の取り方、製作の技術力によって、合わない義歯ができてしまっている場合があります。
合わない義歯をつけたままにしていると、ますます歪んで合わなくなる可能性が大きいので、気をつけないといけません。

「装着すると吐き気が…」入れ歯で嫌な思いをしていませんか?

義歯を入れるだけで吐き気がしてしまって、自分には義歯が合わないと思っていませんか?
吐き気がするのは、自分に合っていない義歯をつけている方の典型的な症状です。あきらめてしまわずに、自分に合った義歯を作りましょう。

「噛めない義歯」で困っていませんか?

噛むと痛い、入れるだけで痛いというのでは、何のための義歯かわかりません。
うまく噛めない、噛み切れないというのは、その人のあごの動きに義歯の噛み合せが合っていないことが考えられます。義歯というのは、その人その人のあごの動きや噛みグセに合わせて、人工歯を並べなくては、うまく噛むことはできないのです。
そのために、じっくりと時間をかけて、義歯づくりをする必要があります。

「話がしにくい義歯」で無口になっていませんか?

義歯を入れると口腔内が狭くなり、舌が思い通りに動かずに発音しにくいということがあります。
特に「さ行」と「た行」の発音がしにくいようです。
最初のうちは慣れるまで訓練が必要なのですが、いくら訓練してもうまく話せず相手に聞き返されることが多い場合は、義歯の方に問題があるかもしれません。一度、相談にいらして下さい。

「義歯で顔が変わってしまい」人に会うのが嫌になっていませんか?

義歯をつけたらきれいな歯が見える、素敵な笑顔になりたいという願望がありますよね。
いかにも「義歯をつけてます」とわかるものだとすぐ嫌になってしまいます。
美しい笑顔をつくるためにも、じっくりと義歯づくりをしたいものです。

義歯が合わない = 慣れるのを待つしかない は大間違い!!

義歯を初めて装着した時、その違和感に戸惑う方はとても多いでしょう。
それはだんだんと慣れていくしかありません。
しかし「痛い!」・「吐きそう!」・「噛めない!」・「すぐはずれる!」などの症状がある時には、慣れるまで待つのではなく、治療をされた歯科医師に必ず相談してください。

合わない義歯が口腔領域に及ぼす問題
粘膜に潰瘍ができます(褥瘡性潰瘍:じょくそうせいかいよう)
歯ぐきに繊維性組織が増殖(義歯性線維腫:義歯性繊維腫)
コンニャク状のブヨブヨ歯ぐきの形成(フラビーガム)
残存歯への過度な負担(部分義歯の場合)
顎骨の吸収(衰退)
顎関節への悪影響
  • TOPページへ戻る
  • このページのTOPへ戻る
鎌倉・藤沢 精密入れ歯・義歯相談室 グリーン歯科 アクセスマップ

当院をご利用いただきありがとうございます。
お電話による治療のご予約、無料電話相談、無料院内カウンセリングのお申込みは、
すべて診療時間内にお願いいたします。

入れ歯電話相談 TEL:0467-44-1070
義歯・入れ歯 院内無料カウンセリング TEL:0467-44-1070
  • TOPページへ戻る
  • このページのTOPへ戻る
診療案内